出産祝い選びに迷ったら|実用的なアイテムがベスト

マナーと品物選び

値段の目安は

親子

親戚や同僚、友人などの間に赤ちゃんが生まれたら、出産祝いを贈ってお祝いをするのがマナーです。予算についてですが、親戚への出産祝いの場合は1万円から高くても2万円以内にしましょう。友人や職場の同僚の場合は5千円から大体1万円が相場です。高すぎても相手が内祝いを選ぶ場合に困らせてしまいますし、安すぎても失礼に当たります。大体これくらいの値段からギフトを選びましょう。出産祝いとしてよく選ばれるものは、赤ちゃん向けのものだとおむつケーキやベビー服、スタイなどです。赤ちゃん用のローションや保湿クリームもいいでしょう。ベビーグッズは種類も豊富ですし、デザインも洗練されたものが増えています。よくあるベビー用品を選ぶ場合だと、ハイブランドの商品で高級なものを出産祝いとして選ぶのも、喜んでもらうためのコツです。海外で人気の高いベビーブランドは、オーガニックなどの素材にもこだわっていますし、デザインもおしゃれなものが多いので、ギフトにも適しています。ギフトを贈るタイミングは、出産の一週間後から1カ月以内がベストです。これより遅れてしまっても、失礼には当たらないものの、念のためにお詫びのメッセージを添えておくと喜ばれます。できれば、母子が共に退院し、落ち着いたころを見計らって贈る方がいいでしょう。熨斗を付ける場合は、通販サイトなどで利用できる無料のギフトサービスを活用すれば、出産祝いに適したものをつけてもらえます。

赤ちゃん向けのプレゼント

ギフト

大切な友人や兄弟の出産祝い。お祝いの気持ちをしっかりと伝えたいですね。でも、出産祝いをもらったことがない、したことがなければ何を贈っていいか正直迷ってしまいます。赤ちゃん向けのプレゼントは何がいいでしょうか。出産祝いの代表的なものの一つがベビー服です。ベビー服は値段が少し高いのでプレゼントでもらえると助かりますしうれしいです。お店に行くと可愛いベビー服がたくさんありますので、好みを聞いておくといいかもしれません。ただ、服を贈るときの赤ちゃんのサイズより少し大きめのものを買いましょう。生まれてすぐの服はすでに買いそろえていることがありますし、赤ちゃんはすぐ大きくなりますので。例えば生後6カ月から1歳ごろまでだと80cmが目安です。スタイ(よだれかけ)もおすすめです。好みがあまり関係ないですし、毎日たくさん使うものなので、もらえると助かります。首周りのサイズが調節できるタイプは使いやすいです。おむつケーキというのも人気があります。おむつケーキというのは、おむつを束ねて可愛くデコレーションをしたもので、見た目はケーキのようになっています。ダイパーケーキとも呼ばれます。見た目は豪華で中身は実用的なので喜ばれています。出産祝いに現金や商品券、カタログを贈る方法もあります。現金や商品券だと、いくらあっても困る事はないですし、必要な時に必要なものを買えるので便利です。その他に赤ちゃんの写真を飾れる写真立て、おもちゃや絵本なども喜ばれます。

贈る物の特徴

赤ん坊の手

出産祝いは、赤ちゃんと出産を頑張ったお母さんに向けて贈るお祝いです。多くの場合、赤ちゃんが使うものを贈ります。出産祝いの相場は関係性により変わります。物を贈るか、現金を贈るかでも変わりますが、家族や親類ならば1〜3万円、友人ならば5000〜1万円、近所の人や職場の人なら一人当たり3000〜5000円ほどが目安です。親しさによって金額は増減してもかまいません。出産祝いを贈るときは、配送してもらうか持参することになりますが、時と場合により渡し方は変える必要があります。出産直後は母子の体調や生活リズムが安定しないため、なるべく避けるようにしましょう。最短でも出産後七日以降、持参するのならば産後一ヶ月を過ぎてからがおすすめです。産後一ヶ月以内は体調が優れないこともあるので、贈るのならば配送するのが望ましいでしょう。里帰りしていることもあるので送り先を確認することも重要です。出産祝いは、現金を贈る場合と、物を贈る場合があります。身内の場合は現金を、友人などの場合は物を贈ることが多いですが、必ずしも決まっているわけではありません。現金が生々しいと感じるときは、ベビー洋品店のギフトカードなどにするとギフトらしくなります。物の場合は、赤ちゃんに向けた衣類やおむつ、離乳食セット、絵本、おもちゃなどが一般的です。お母さんに向けたノンカフェインのお茶やボディークリームなどを贈るのも喜ばれます。赤ちゃんの衣類を贈るときは、大きめの80〜90センチ以上のものを贈るのがおすすめです。

喜びと感謝を伝える内祝い

レディ

出産内祝いは、赤ちゃんの生後1か月頃に、出産祝いをいただいた方へのお礼として贈る返礼品です。いただいたお祝いの3分の1から2分の1の価格を目安に、赤ちゃんの名入れギフトなど、出産の記念となるような品を贈るのがよいでしょう。

詳細を読む

マナーと品物選び

親子

出産祝いの相場は、親戚の場合は1万円から2万円、友人や同僚の場合は5千円から1万円です。ベビー服やスタイ、おむつケーキがよく贈られています。渡すタイミングは、出産後1週間後から1カ月以内がベストです。

詳細を読む

出産祝いのお返しについて

レディ

出産内祝いは、出産祝いをいただいた相手に返礼の気持ちを込めて贈るギフトです。子供が生まれてから1〜2か月以内に渡すのがマナーとなっており、予算はいただいた物の半額〜3分の1程度とします。必ず挨拶状を添えるようにします。

詳細を読む