出産祝い選びに迷ったら|実用的なアイテムがベスト

早めにお祝いしましょう

贈り先のニーズを知る

赤ん坊とギフト

出産祝いは、赤ちゃん誕生の報告を聞いてから1か月以内に送るのがよいです。出産後は赤ちゃんのお世話に大忙しのお母さんですので、喜んでもらえるプレゼントを贈りたいものです。出産祝いとして人気があるのが、赤ちゃんが使うベビー服やおもちゃなどです。生まれてすぐ着る新生児用のサイズは、出産前に用意している方がほとんどですので、1歳前後に着ることができる洋服を贈ると長く重宝してもらえます。おもちゃも多数販売されており迷いますが、なんでも口に運ぶ赤ちゃんですので、口に入れても有害ではない木のつみきやおもちゃは安心してプレゼントすることができます。実用品も貰ってうれしいものです。例えば、サイズの合ったオムツセットや、オーガニックでできている日焼け止めやボディケア用品などは、時期を待たずにすぐに使うことができますので、お勧めです。1人目か2人目のお子さんかによっても、すでに持っている場合があるものは避けてプレゼントを選ぶことも大切です。実際に使ってもらえるものを選びたいものです。また、赤ちゃん用品だけではなく、お母さんが使うものをプレゼントすることもできます。例えば、おむつポーチやママ用バッグなど持ち歩きができるものや、母乳で育児をしている方には、母乳の出を良くするお茶も人気です。子育てで忙しくてなかなか手が回らないお母さま自身のケア用品を贈ると、出産祝いとしても喜んでもらうことができます。出産祝い品は、相手のニーズをしっかり把握したうえで贈りましょう。

一工夫あるお祝いをする

女性

赤ちゃんが生まれた知人に出産祝いを贈る際、多くの人が悩むのが、「何を贈れば一番喜んでもらえるか」という点です。もちろんお祝いの気持ちですから、何を贈っても感謝されることは間違いありません。また、産後の必需品や消耗品など、誰に贈ってもハズレがない出産祝いはありますから、そうしたものを贈れば「失敗」はほぼないでしょう。けれど、どうせなら気の利いた出産祝いで驚き喜んでもらいたいのが人情です。そのためには、まずは入念なリサーチが必要となります。まず押さえるべきポイントは、当の「ママの好み」です。ベビー用品、特にファッション関係は、生まれて数年はほぼ母親の意向が反映されます。ですから、普段その人がどんなファッションを好んでいるかを良く知っているなら、そのテイストで選んだベビー服を贈れば間違いがありません。また、服や靴の場合は、新生児サイズは既に用意されている場合が多いので、生後半年から一歳くらい、80サイズか90サイズくらいを贈るのがベターです。そして、赤ちゃんのもの以外にも、ママが楽になるベビー用品という出産祝いもあります。特に、身近に出産を経験した人がいて、あると良かったベビー用品に詳しい場合は、是非意見を参考にしましょう。この場合も、生まれてすぐ使うものよりも、少し先を見据えたものの方が、既に用意されていることが少なく無駄になりにくいのでおすすめです。例えば離乳食グッズやおんぶ・抱っこひもなど、一工夫ある製品や話題の品を贈ると、特に喜んでもらいやすくなります。

贈り物の選び方

赤ちゃん用品

子供の誕生はおめでたいことですが、いざ友人や知人に子供が産まれた場合に頭を悩ませるのが出産祝いに何を贈るかです。せっかくなので、喜んでもらえる物を選びたいところですが、特に自分に子供がいない場合には相手がどういった出産祝いの品が重宝されるのかが分からないことも多いでしょう。そこで、以下では出産祝いに贈るとよいものをいくつかピックアップして紹介したいと思います。まず最初に使い勝手がよくいくつあっても困らないものがバスタオルです。赤ちゃんを沐浴させる場合に必要になるだけでなく、夏場にはタオルケットの代わりにもなるので活躍の機会は多く存在します。選ぶ場合は、肌にやさしいオーガニックコットン製のものなどがお勧めです。また、同じくいくらあっても困らないのがオムツです。百貨店にいくとオムツケーキなるものが売られているので、そういったものを贈るのもよいでしょう。少し出番は先になりますが、絵本を贈るというのもよい選択肢です。昔から親しまれている乳幼児向けの絵本などは重宝されること間違いなしです。一方、注意が必要なのは、親の好みが反映されやすいアイテムです。例えば、衣類などは親の好みと違うものを贈っても迷惑がられるかもしれませんので、よほど自信がある場合でなければ避けた方が賢明です。もっとも、衣類でも好みが分かれにくいような肌着などは比較的無難なものとして選んでもよいでしょう。折角の出産祝いなので、相手の喜ぶ顔を想像しながら選ぶと楽しいですよ。

喜びと感謝を伝える内祝い

レディ

出産内祝いは、赤ちゃんの生後1か月頃に、出産祝いをいただいた方へのお礼として贈る返礼品です。いただいたお祝いの3分の1から2分の1の価格を目安に、赤ちゃんの名入れギフトなど、出産の記念となるような品を贈るのがよいでしょう。

詳細を読む

マナーと品物選び

親子

出産祝いの相場は、親戚の場合は1万円から2万円、友人や同僚の場合は5千円から1万円です。ベビー服やスタイ、おむつケーキがよく贈られています。渡すタイミングは、出産後1週間後から1カ月以内がベストです。

詳細を読む

出産祝いのお返しについて

レディ

出産内祝いは、出産祝いをいただいた相手に返礼の気持ちを込めて贈るギフトです。子供が生まれてから1〜2か月以内に渡すのがマナーとなっており、予算はいただいた物の半額〜3分の1程度とします。必ず挨拶状を添えるようにします。

詳細を読む