出産祝い選びに迷ったら|実用的なアイテムがベスト

喜びと感謝を伝える内祝い

お祝いのお返しに贈ります

レディ

出産内祝いは、もともと、赤ちゃんが生まれた喜びを周囲の方にお知らせするために贈っていたものですが、現在は主に出産祝いをいただいた方に対するお返しとして贈るものとなっています。出産内祝いは、生後1か月の初宮参りの頃に贈るのが一般的です。しかし、出産後の1〜2か月は新しく迎えた赤ちゃんのお世話も大変な時期ですから、生後1か月にこだわらず、お祝いをいただいてから2か月以内を目途に贈るのがよいでしょう。また、出産祝いをいただいた時期が遅かった場合も、いただいてから1か月以内にはお返しとして出産内祝いを贈るようにしましょう。出産内祝いの相場は、いただいたお祝いの3分の1から2分の1程度が一般的となります。3分の1よりも少ないと失礼になりますし、いただいた金額よりも多いのも相手に負担となりますので、十分気をつける必要があります。出産内祝いとして人気なのは、赤ちゃんの名前を入れた、名入れギフトで、カステラやバウムクーヘンなどのお菓子に焼き入れたものや、お米やジュース、お酒などの包装紙に名前や写真を入れたものなどがあります。お皿などへの名入れ品もありますが、相手によっては不用なものにもなってしまうので、受け取る側の気持ちを考えて、喜ばれる品を選ぶようにするとよいでしょう。各ギフト業者では、内祝い用に赤ちゃんの写真や名前をメッセージカードに印刷して用意してくれるところもありますので、お祝いをいただいた方に赤ちゃんを紹介することができます。

相場、商品及びお返し時期

赤ちゃん

出産内祝いとは、もともとは内輪であるわが家に出産というおめでたいことがあったので、その喜びを皆さんにもお分けして一緒に喜びを共有しましょうというものでした。ですので、本来はお祝いをもらったか否かに関係なく行われるものでしたが、現在の出産内祝いは、出産のお祝いのお金やものをもらった場合に、それらをくれた方に対してお礼のお返しをするというものであるという認識がされています。この出産内祝いの現在の考え方からすると、まずお返しの相場はどの程度かということを考える必要があります。この点については、基本的にはいただいた金額やものの価格の半分程度をお返しするというのがマナーとなっています。これを原則として考えたうえで、両親等の本当の内輪の人間関係についてはもともと返してもらうつもりのない場合もあるので、いただいた金額を考えつつ半額に拘らず思い出に残る記念アルバムや赤ちゃんの写真が入った写真立てを送ったりする対応もありえるでしょう。次に、送るものですが、マナーとしては相手方がもらって困らないものであることは最低限守るべきことです。例えば、タオルなど日常で消耗していくものや、菓子など消費していくものを考えるとよいでしょう。ただし、菓子は好みとアレルギーの問題があるのでその点を考慮した上で商品を選択する必要があります。最後に、出産内祝いを送る時期ですが、基本的には出産してお祝いをいただいた1か月後程度遅くとも2か月後までを目安とするべきです。これ以上遅れると失礼にあたります。ただ、出産後、お食い初めやお参り等の行事が立て込んでいると思われるので、出産前にあらかじめお祝いをくれる方と金額を予測して内祝いギフトを見て決めておくと滞りなくお返しができます。

何を贈るか

プレゼント

赤ちゃんが産まれると、忙しい毎日が続きますから、出産のお祝いをもらっていたのに、ついお返しを忘れていたということにもなりがちです。出産内祝いは、時期やマナーを知って、忘れずに送りましょう。赤ちゃんが産まれると周りの人たちが、出産祝いとしてお金を包んでくれたり、お祝いの品を持ってきてくれたり、また郵送してくれたりします。内祝いというのは本来、赤ちゃんの誕生を一緒に祝ってもらう、という意味がありますが、最近ではお返しをするという意味合いが強いです。頂いたものの半額程度の品を贈るのが一般的ですが、高額なお祝いだったり、高価なものをもらった場合は、相手が気にしてしまうこともありますので、それ以下で良いと思われます。そして、頂いたらお電話などでお礼を伝え、後日出産内祝いを送りましょう。産後は体調を崩したリしている人もいますから、その場合は無理をせず、一報だけ入れて、体調がよくなってからお手紙をつけて贈れば、相手の方も理解してくれることでしょう。出産内祝いという熨斗紙をつけ、お子さんの名前も入れましょう。それでは、どんな品を選んだらよいでしょう。出産内祝いに、お子さんの名入れの商品を贈る人もいますが、家族や親しい親戚なら良いですが、相手との関係性をよく考えて、適切はどうか判断しましょう。相手の好みや、年齢を考えて品を選びますが、わからない場合は、普段使いできるものや、好みに左右されないものが良いでしょう。

喜びと感謝を伝える内祝い

レディ

出産内祝いは、赤ちゃんの生後1か月頃に、出産祝いをいただいた方へのお礼として贈る返礼品です。いただいたお祝いの3分の1から2分の1の価格を目安に、赤ちゃんの名入れギフトなど、出産の記念となるような品を贈るのがよいでしょう。

詳細を読む

マナーと品物選び

親子

出産祝いの相場は、親戚の場合は1万円から2万円、友人や同僚の場合は5千円から1万円です。ベビー服やスタイ、おむつケーキがよく贈られています。渡すタイミングは、出産後1週間後から1カ月以内がベストです。

詳細を読む

出産祝いのお返しについて

レディ

出産内祝いは、出産祝いをいただいた相手に返礼の気持ちを込めて贈るギフトです。子供が生まれてから1〜2か月以内に渡すのがマナーとなっており、予算はいただいた物の半額〜3分の1程度とします。必ず挨拶状を添えるようにします。

詳細を読む