出産祝い選びに迷ったら|実用的なアイテムがベスト

出産祝いのお返しについて

遅くとも2か月以内に

レディ

お子さんが生まれると、夫婦双方の実家はもとより、親類や友人知己などからお祝いをいただきます。こうしたお祝いに対しては、お返しを行うのがマナーとなっています。これを出産内祝いといいます。出産内祝いは、もともとは子供が生まれたことの報告と喜びのおすそ分けという意味を込めて、親族やご近所に縁起物を配ったのが起源だと言われています。しかし現代では、出産内祝いイコール出産祝いのお返しという意味にとらえられています。出産内祝いはあくまでも返礼ですから、あまり遅くなっては失礼に当たります。おおよそ生後1か月以内、遅くとも2か月以内には済ませるようにします。なお、場所によっては独自のしきたりが設けられている場合もあるので、贈り先の地域事情を事前に調べておくようにします。贈る品物については特別なルールはありませんが、どの家庭でも使える日用品が望ましいとされています。具体的には、タオルや石鹸、洗剤などが喜ばれます。食品であれば、焼き菓子、コーヒー・紅茶、食用油など日持ちのするものが適しています。最近では、カタログギフトも人気があります。なお、贈る際は挨拶状を添えるとお礼の気持ちが相手にうまく伝わります。贈り物の予算については、昔から「半返し」すなわちいただいた品物の半額程度が相場となっています。ただし時には非常に高価な物や値段の見当がつけにくい物をもらうこともあるので、おおむね半額〜3分の1程度と幅をもたせても構いません。

選び方について

乳児

赤ちゃんが生まれた場合、親戚や友人などからお祝いをもらうことが多いです。これらの出産祝いをもらった際には、出産内祝いとしてお返しを行うことがマナーになっています。出産内祝いでは、出産祝いをもらった後、概ね1ヶ月程度を目安に出産内祝いとしてお返しを贈ることが一般的になっています。但し、出産後は出産からの回復状況などを考慮しながらお返しを贈ることでも良いため、一定の期間のうちにお返しを贈ることが重要になるでしょう。出産内祝いの相場としては、貰ったお祝いの金額の半額から3分の1程度の額のものを目安にして贈ると良いとされています。但し、両親などでは多くのお金などをくれるケースがあるため、それらについては特に金額に拘らなくても良いケースが多いのです。両親など身内では、喜ばれるものなどを金額を考えずに贈ることが良いでしょう。出産内祝いを贈るとき、何を贈ればよいか困ることがあります。特に会社の同僚などでは、どのようなものを贈れば良いか分からないことも多々あるはずです。身内や友人などでは、趣味や趣向がわかることも多いため、それらに合わせて贈り物を選ぶことで喜んでもらえる可能性が高いです。どのようなものを贈れば良いか迷う場合には、カタログギフトを贈ることで相手に選んでもらうということも手段となっています。一般的に評判の良い出産内祝いとしては、日常的に使用する日用品や食べ物などがあります。但し、食べ物を贈る場合には、できる限り日持ちするものを選ぶと特に良いでしょう。

気持ちを汲んだお返し

箱

職場・友人・知人など、様々な方々から出産祝いを頂いた場合、出産内祝いとして、世間一般的に品での半返しを行いますが、両親からの場合には内祝いを事前に断ってくるケースもあります。親族の場合にも出産内祝いでのお返しは必要ですが、自分の親なら素直に甘え、義理の親の場合はご主人とよく相談して決めますが、きちんとお礼を伝えた上で、有り難く気持ちを頂くのが適しています。お祝い金を頂いた方々に対し、出産内祝いのギフトも1個単位からセレクトでき、最近では名入れギフトを贈るケースが増えていますが、名前を覚えてもらいたい、記念になるからという、アニバーサリー的な要因を挙げる声も聞かれています。この名入りを上手く活用できる出産内祝いとして、誕生した赤ちゃんの記録を残すことのできるギフトを義理の親や、自分の親へ贈るのも手です。例えば、あまり顔を見せられない場合でも、赤ちゃんの体重だけでも身近に感じて欲しいニーズに合わせ、誕生時の体重と同じ重さの体重米ギフトも提供されています。抱き上げて実感する赤ちゃんの重みと、出産内祝いとしてのお返しの意味合いも兼ねることができるため、内祝いはいらないなど、甘えられる環境下でも礼儀を重んじたい際に活用できます。もちろん、食べ盛りのお子様がいる知人などにも食品のギフトは人気を集めていますし、日本有数の米処など、お返ししたい方々の地域に合わせた種類をセレクトできる利点もあります。

喜びと感謝を伝える内祝い

レディ

出産内祝いは、赤ちゃんの生後1か月頃に、出産祝いをいただいた方へのお礼として贈る返礼品です。いただいたお祝いの3分の1から2分の1の価格を目安に、赤ちゃんの名入れギフトなど、出産の記念となるような品を贈るのがよいでしょう。

詳細を読む

マナーと品物選び

親子

出産祝いの相場は、親戚の場合は1万円から2万円、友人や同僚の場合は5千円から1万円です。ベビー服やスタイ、おむつケーキがよく贈られています。渡すタイミングは、出産後1週間後から1カ月以内がベストです。

詳細を読む

出産祝いのお返しについて

レディ

出産内祝いは、出産祝いをいただいた相手に返礼の気持ちを込めて贈るギフトです。子供が生まれてから1〜2か月以内に渡すのがマナーとなっており、予算はいただいた物の半額〜3分の1程度とします。必ず挨拶状を添えるようにします。

詳細を読む